FC2ブログ

132面体の地割方

日本てまりの会総会

6月23日日本てまりの会の総会が開催されました。

総会後の手まり講習会で132面体の地割方法を都てまりの会島崎深雪先生が指導されました。

132面体の地割は澤田先生の著書「武蔵野てまり花」にも解説図がありいろんな方法でできます。

今回講習の3角20面体の4等分のからの132面体は比較的わかり良い方法でした。

132等分カラー図
小5角や6角にどのような模様をかがるかで地割方を使い分けます。

猪てまり

干支てまりストラップ

一月も早や終わる。

何もしないでひと月たってしまった。

中国は旧正月を迎え黄さまから可愛いいのししのストラップと沢山のポストカードがとどいた。
     猪

近頃の黄様の中国でのご活躍はめざましく驚かされる。

kousann.gif

         中国広州でのてまり展   黄様Facebookより

刺繍ゆびぬき うぐいす

日本てまりの会教授研修会

日本てまりの会の研修会は10月14日東京日本青年館ホテルで開催されました。

黄秀娟先生(香港)、谷川文代先生(東京)が講習発表と指導がされました。

KIMG0304.jpg

KIMG0302 (400x283)  香港、中国、台湾で手まり指導普及活動
   黄秀娟先生


   黄先生よりてまり作品集と指ぬきかがり用手染めの絹糸をいただいた。
黄さん絹糸
                           染色写真は黄先生フェイスブックより


甘撚りでやわらかい糸なので縮緬土台の指ぬきにうぐいすの刺繍をして庭のまだ花が咲いてない桃の木に止まらせた。

        IMG_3155 (400x332)
             ひよこのようなうぐいすになった





日本てまりの会研修会

研修会

日本てまりの会教授研修会が11月7日ANAクラウンプラザホテル名古屋で開催されました。

70余名の先生方の創作てまりが発表されます。

武蔵野てまり会長澤田クニ先生が研修御指導くださった。

       研修発表会  研修会テキスト

        

         もう大きいまりは出来ないのでピンポン玉ぐらいの小さいのを作った。
   
         配色がまずかった。



          菊花模様




日本てまりの会総会

6月26日東京本部で総会が開催され、27年度決算報告や28年度予算案や事業計画がきまりました。

総会後開田恒美先生のてまりの講習会があり熱心にとりくみました。

           KIMG0196.jpg

           KIMG0194.jpg

又日本てまりの会発売の千代てまり糸の紹介がありました。

会員が主催するサークルや教室の一般の方に広く使っていただけるよう日本てまりの会の名やマークはいれませんでした。

千代に八千代に受け継がれることの願いを込めて手まり作りを楽しめる高級感ある糸です。

全80色で既存の手まり糸とほとん変わらないお求めやすい価格です。

会員、指導者のかたは特別価額で入手できます。

tiyonoito.jpg


最新記事
プロフィール

華糸

Author:華糸

カテゴリ
リンク
QRコード
QR