さくら模様

てまりとゆびぬき 桜模様

少し時期が早すぎるが桜の花をかがった。

ゆびぬきの桜の花びらは6枚。

手まりの花びらは60枚。

同じように糸で1すじずつくぐらせてかがるがてまりはくぐる巾も手間や時間も10倍以上。

薄ピンクの桜の花は手まりに糸を1すじずつくぐらせながらグルグル巻きつけるが、広い巾を長い糸でくぐらせるのは

簡単にはゆかない。

手間がかかり難しい分、作る楽しさや達成感も同じく比例する。

ゆびぬきはデザインが単純すぎた。

           image1.jpg






昨年まで体調不良で手まりはあまり作れなかった。

今年はできそうだ。

身近にいて体格があり頼もしそうに見えるのか14人のなかで1番4人の親にたよられた。

婚家では長男の嫁、実家では長女。

身体が弱くベットで過ごした姑は85才、実母は96才で、4人を見送った時私も70半ば、

強心臓と自負していたのに気が緩んだのか落とし穴にはまってしまった。

やっと身体が現在の心臓になじんできたようだが80年近く365日休みなく働いた心臓はお疲れさん。






.


関連記事
最新記事
プロフィール

華糸

Author:華糸

カテゴリ
リンク
QRコード
QR