指ぬきの針山

指ぬきの針山

 てまりの失敗作はまりの上を綿でくるんで糸を巻き再生する。

私の手まりはふわふわのまりなので作り直してもあまり硬く重くならない。

 指ぬきの失敗は解体せず針山にして欲しい方にもらっていただく。

失敗作でも小さいから目立たないし配色が良くなくても可愛いと喜ばれる。

指ぬき友から針の錆びない綿をいただいた。ギュッと詰まっている。

近頃は家から出ないで冬ごもり中でそんな便利なものがあるとは知らなかった。

布は絹縮緬のしぼの細かいのが針通りがいい。

早速たまっている指ぬきで針山を作った。

年とともに目や手が弱り不器用度が増し細かい仕事は根気よくできなくなった。

写真の針山はいかにも八十路お婆さんの手作りらしいと眺めている・・・・・



IMG_2243.jpg

image24.gif
           針もツルツルになって縫い通りが良くなりますよ。        
関連記事
最新記事
プロフィール

華糸

Author:華糸

カテゴリ
リンク
QRコード
QR