ゆびぬき卍模様

卍模様
2月のてまりも完成したので、卍模様のゆびぬきがどなたか忘れたがもらわれて無いので作った。

レシピはパソコンを始める前の手書きなのでまずパソコンで書き直した。

ついでに図だけ幾つか描いた。

卍かがりはまるで迷路遊びのようで迷ってしまう。

テレビの相棒をみながらかがったのでなぜ右京さんが地下室から脱出できたか解からないままで終わった。

出来上がりをパソコンで写して見ると間違った所があちこちにある。老化した脳と目を実感させられた。

IMG_0689.jpg

主人のおさがりのコンパクトカメラでもレンズを通して拡大してみると隠せない。

作り直しても間違いなく出来る自信がない。

図1 650

パソコンでワードの画描ツールの書式からでも、描いた図の寸法や糸の斜線の角度が表示される。

だから私が描く図からかがる糸の本数が調べられる。

細い糸とはいえ数字の世界は上はテラ,ギガ、下はマイクロ、ナノが使われている現代だ。

ワードの図でも10分の1ミリメートルまでの寸法が表示されるのだから。

計算したり計ったりしなくてもパソコンで描いた線や図の寸法がすぐ解るから定規や分度器が要らない

今はパソコンや電卓で計算もいとも簡単に答えがでる。



自己流(みかしほ式)のゆびぬき卍図の書き方や計算のHPもご覧ください。こちら  

もっと簡単に出来る方法が沢山あると思う。

パソコンが出来ない頃は1段かがって巾を計りゲージを掛けて糸数を出して配色を決めていた・・・。


耳よりなパソコンの情報を聞いた。

なんと指ぬきの等分、間隔、糸数と色などを入力すると指ぬき図がかがっているように出来上がってくる画像がみられる。

私が描くゆびぬきの図が単純すぎて恥ずかしくなる画像だ。 (水無月の余韻開発SC様ブログ)

面白そうで興味がありぜひJavaScriptを勉強して描いてみたいが今の私にはとてもその能力がない。

HTML言語が解らなくてもホームページやブログが出来て有難い。








関連記事
最新記事
プロフィール

華糸

Author:華糸

カテゴリ
リンク
QRコード
QR