指ぬき 窓

指ぬき 窓

氷点下の積雪は年寄には歩きにくくて外出できない。

家の窓から天から湧き出るような雪を眺めている。

窓、丸窓、花窓、菱窓、三角窓、ステンドグラス窓次々と思い浮かぶ。

      IMG_2988.jpg


人様に紹介されるとき、手まり作家といわれて戸惑てしまう。

自ら作家と名乗ったことはない。

作家は芸術作品を創作しそれを職業としている方とおもっている。

たいてい1点だけつくる。商品としての販売物製作は別の所でする。

小説家、、評論家、画家、作曲作詞家、美術家等まだ沢山ある。

作家は他人の作品をまねて発表すると盗作したと非難される。


素敵な作品を見かけるとまねて作ることもある。

自分では創作と思って作っても既に同じような作品があったりする。

てまり指導者として長い歴史ある団体の免許は受けている。

糸掛け模様の指ぬきやアクセサリーなどは以前からカリキュラムに含まれている。

先生の仕事は今まで研究されてきたことを調べ学びそれを教え、また新しい研究も指導する。

指導者資格は国家資格、業界資格、任意団体資格色々ある。

たとえ任意団体でも世界中に通用するライセンスはたくさんある。

日本ではビジネスとして指導料を受け取る為の指導者資格免許制度が文化振興として根付いている。

免許制度を古い考えと思う方もいるが他人の考えたことを無断で利用するのもエチケットに反すると思う。

後進国ほどそんなことはおかまいなしだ。

資格がなくても昔から知られていることや自分の創意工夫したもの発明発見したことなら自由に発表し教えられる。





1月の手まりと指ぬき 



富士山


日の出

数年前1月に鎌倉のホテルの窓から、朝、ピンク色に染まった富士山をみて歓声をあげてみとれた。

二つ目の富士山はピンク色でかがった。

もう一度ピンク色の富士山を眺めたいが1年中見られるのか解らない。

富士のすそのまで雪におおわれて朝日でピンク色に輝くのだろうか・・・・

4日の朝刊で、お正月のシンボル一番人気は富士山でその高貴な姿から、高名な画家は一度は筆を取り、

カメラマンは各地からレンズを向けると報じられていた。

謹賀新年

謹賀新年
図1 newimage1.gif

         IMG_2948.jpg

           初日の出3

  床の間に初日の出の掛け軸を飾った。
  
   指ぬきにも刺繍したくなった。

   歳暮れに急いで土台から作った。

   掛け軸と同じように縦に刺繍した方が良かった。

   かがり初めで丁寧に作ろう。


手まりと指ぬき

今年もあとわずかとなりました。
 
          IMG_2940.jpg
  

手まり作りが出来るようになり指ぬきはご無沙汰だった。

大きなまりはもう出来ないが来年も新しいデザインを考案したい。.

パソコンもSNSでブログ、フェイスブック、インスタグラム等いろいろある。

日記やコメント・写真などでの交流はセンスの無い私には苦手。

趣味のパソコンはホームページ作成で記録ノートとして利用でき編集することが好き。

手まりで時間を取られて、出来なくてホームページでしたいことがたまっている。









九谷焼のシンブル

山中温泉に出かけた帰り道で九谷焼ギャラリー九谷陶泉さんで九谷焼のシンブルを買った。

沢山の作家さんのシンブルがあってとても素敵で迷ったが九谷色らしい色を選んだ。

以前に地元九谷焼のと表示のを見つけたお雛様のシンブルもコレクションにある。

この4個合わせたより高価だった。赤絵の九谷シンブルも欲しかったがあきらめた。

かってマイセンのシンブル欲しさにドイツに出かけたこともあったのだが・・・・

家族でシンブルに興味がある人がいない。

           IMG_2926 (400x226)
                                     指ぬき 蝶結び
最新記事
プロフィール

華糸

Author:華糸

カテゴリ
リンク
QRコード
QR