指ぬきの針山

指ぬきの針山

 てまりの失敗作はまりの上を綿でくるんで糸を巻き再生する。

私の手まりはふわふわのまりなので作り直してもあまり硬く重くならない。

 指ぬきの失敗は解体せず針山にして欲しい方にもらっていただく。

失敗作でも小さいから目立たないし配色が良くなくても可愛いと喜ばれる。

指ぬき友から針の錆びない綿をいただいた。ギュッと詰まっている。

近頃は家から出ないで冬ごもり中でそんな便利なものがあるとは知らなかった。

布は絹縮緬のしぼの細かいのが針通りがいい。

早速たまっている指ぬきで針山を作った。

年とともに目や手が弱り不器用度が増し細かい仕事は根気よくできなくなった。

写真の針山はいかにも八十路お婆さんの手作りらしいと眺めている・・・・・



IMG_2243.jpg

image24.gif
           針もツルツルになって縫い通りが良くなりますよ。        

フラフープ

指ぬきのフラフープ

帯び模様は中心に帯状に模様が出来るので名付けた。

フラフープの帯び模様は単純だが作るのは面白い。

何色選ぶか、帯の巾は太くするか細くするか、何本入れるか検討することがいくつでもある。

年寄の頭では難しいがパソコンが助けてくれる。

色や巾等、1模様描けばあとは伸ばしたり縮めたり、色や等分がクリックやドラッグしてできる。

保存したあるファイルや写真を眺めていたら又作りたくなった。

          
             image17.gif

前に作った作品だが線が歪んでいる。

今はこれよりもきれいには出来ないと思う。

フラフープの巾を太くししたら美しい線が出るかと期待している。

            花まりちゃんにフラフープさせるアニメも作りたい。 
           hanaburogu.gif

毘沙門亀甲指ぬき

毘沙門亀甲の指ぬきは簡単なのでいくつか出来た。

最後は単色で青の縁取り線の模様で形がうまくでた。

作り方のコツをのみこめたから又作る機会ががあればもう少し6角のバランスよくなると思う。

ホームページの折々の作品にのせた。写真を写すセンスがなくて情けない。

毘沙門亀甲2

指ぬき毘沙門亀甲

手まりの毘沙門亀甲模様は大好きで沢山作りました、

手まりの毘沙門亀甲はブログや本に掲載させていただきました。

新年にふさわし吉祥模様なので指ぬきも作ってみました。

手まりを見本にして又カラフルな指ぬきも作ってホームページアルバムに貼りたいと思います。

IMG_2201.png

毘沙門亀甲模様は仏様を守る毘沙門天の着衣に描かれている模様です。

毘沙門天は財宝、富を守る神で七福神としても信仰されています。

又 亀甲が3個組み合って出来ている模様の連続でめでたづくしで

吉祥模様として青海波や麻の葉などのように広く使われてきた伝統模様です。

毘沙門 毘沙門亀甲模様34
         東大寺 毘沙門天の衣装と甲冑







矢羽根模様

謹賀新年
昨年のご厚情有難うございました。

星姫破魔矢
                  初詣で授与されます破魔矢。

厄除けや福を射止めるといわれています。


吉祥 矢羽根模様のてまり、ゆびぬきをホームページ加賀手まりと指ぬきにUPしました。こちらをご覧ください。

矢羽根をかがって幸運を祈願します。


歳をとって段々とブログとホームページに描くのがおっくうになってきました。

日記や文章をかくことは大の苦手で, 思っている事を書くというこが不得意です。

昨年つい簡単に描けるブログに手がでてなかなかホームページの新しい頁ができなくて方法を忘れしまいそうです。

手まり作りは時間が掛り老婆にはあれもこれも出来ません。

今年はホームページに描くことを心掛けてゆくつもり。

ホームページを作ることは面白くアニメや作図は時間の経つのも忘れます。

最新記事
プロフィール

華糸

Author:華糸

カテゴリ
リンク
QRコード
QR