てまり毘沙門亀甲

てまりをつくっていると他の事が手につかなくなってしまう。

ホームページやブログの更新もとどこってしまった。

体調が悪くなってしばらく手まりが出来なくなったおかげでパソコンがおぼえられて

パソコンで手まりや指ぬきのデザインがいろいろと考えられて描いていた。

一針一針かがるのは時間が掛りあれこれ試せない。パソコンは本当に便利で役に立つ。


新しいてまりをを次々と作った。

以前できた多面体や大きいまりは手が出ない。

テニスボールやピンポン玉ぐらいになってしまう。

指ぬきかがりに慣れてしまうと大作がおっくうになってしまった。

せっかく作るのだから大きくて見栄えがしないとてまりが可愛そうにもおもう。

DSC_0057.jpg毘沙門亀甲

右のはピンポン玉のサイズ。

グルグル糸をまくから肩こりにならないし、小さいからすぐ出来る。

毘沙門亀甲は好きなかがり模様で小さいながら頭も使い面白い。

日本てまりの会総会

6月26日東京本部で総会が開催され、27年度決算報告や28年度予算案や事業計画がきまりました。

総会後開田恒美先生のてまりの講習会があり熱心にとりくみました。

           KIMG0196.jpg

           KIMG0194.jpg

又日本てまりの会発売の千代てまり糸の紹介がありました。

会員が主催するサークルや教室の一般の方に広く使っていただけるよう日本てまりの会の名やマークはいれませんでした。

千代に八千代に受け継がれることの願いを込めて手まり作りを楽しめる高級感ある糸です。

全80色で既存の手まり糸とほとん変わらないお求めやすい価格です。

会員、指導者のかたは特別価額で入手できます。

tiyonoito.jpg


千代てまり糸

てまり糸

手まりのデザインをパソコンで考えて図を書くまでは次々とできるが実際にかがって作るのに時間が掛るし

疲れる。手まりが面白くて他の事がお留守になってしまった。ブログ、ホームページはご無沙汰になっている。



てまり専用糸の入手が難しくなってきた。

日本てまりの会仕様の糸がメーカさんのご協力で出来ることになった。

日本てまりの会の創始者尾崎千代子先生のお名前を頂戴した。

糸の取り合わせ易い無地のカード巻き。

既存のてまり糸と撚りや太さが同じなので一緒に混ぜて使える。

80色、50m巻きで、手書きだがこんな感じ。

6月の総会で詳細が発表される。


        image5.jpgimage4.jpg



             


松本てまりの会作品展

松本てまり作品展

         IMG_1686.jpg
 
       KIMG0156.jpg

4月はあちこち出かけたり、てまり作りに熱中してパソコンは図案を描くのに開くが,HPやブログは手が回らなかった。

松本てまり展の美しい作品を拝見して、てまりを作る元気をよみがえらせていただいた。

手まりばかり作っていた以前ははパソコンや指ぬきがあまり出来なかった。

動作がおそくなり、頭の回転もにぶくなったのでなおさらあれもこれもできない。


渋温泉の金具屋に泊まりたかったが満室。

近くのさかえやがとれた。

ここでは室内や食事所、広い館内のいたるところに季節の縮緬細工が飾られていて興味のある私にとっては

大当たりで見て回り楽しんだ。もちろん料理もお風呂も最高。

IMG_0753.jpg  IMG_0760.jpg

IMG_0745.jpg IMG_0744.jpg
IMG_0749.jpg IMG_0756.jpg
IMG_0751.jpg IMG_0757.jpg

IMG_0755.jpg IMG_0747.jpg

照明の無い所は写さなかっし他人の部屋は入れない。









日本てまりの会写真集

日本てまりの会の親睦会作品展の写真集

平成27年11月30にから東京高輪プリンスホテルで全国のてまり愛好者が集まって盛大に親睦会が

開催されました。東京本部会員による圧巻の作品展に写真集がほしいという要望が多くあり出来あがりました。

亡尾崎千代子先生の懐かしい作品、敏子会長や指導者先生方の春夏秋冬ごとに展示された創作てまり。

本科、高等科、研究科の基礎作品、専科1~12のカリキュラムごとの作品は半世紀余りにわたる日本てまりの会の

長い歴史を 物語ています。

IMG_1643
                                    高輪プリンスホテル 親睦会会場

手まり作りばかりしていいる。 パソコンを開けない日が多くなった

てまりは本当に面白い

私が好きなのは複雑でもつれた糸をほぐすようなてまりなのでどうしたらできるか悩ましくもある。

考え込んで時間のたつのも忘れて熱中する。

人様に素敵、美しいといわれる手まりでなく一人よがりの自分がパズルを遊び楽しむ趣味の世界だ。

いましばらく私の好きな次々浮かぶてまり作りを楽しもう。

最新記事
プロフィール

華糸

Author:華糸

カテゴリ
リンク
QRコード
QR